12月2日(月)、料亭「稲穂」の後藤朗さんを講師にお迎えして、ふれあい・たいむ「味噌たんぽ作り」を行いました。きりたんぽの由来を説明していただいた後、実際の味噌たんぽ作りを始めました。まずは、炊きたての白米をすり鉢に入れ、すりこぎ棒でつぶしました。つぶした白米を木の棒に付けていき、少しずつ形を整え、熱したフライパンで焼き目を付けました。そして、最後に田楽味噌をぬって完成です。料亭「稲穂」で完成した味噌たんぽを焼いてもらい、給食時に食べると、「おいしい」「家でも作ってみたい」などの感想が聞かれました。秋田県の郷土料理の良さを知った貴重な学習になりました。