中学部の作業学習では「鎌足和紙」に取り組んでいます。12月3日に西木地区のかたくり館の近くにお借りしている楮畑で、「鎌足和紙」の材料となる楮の収穫を行いました。7月に芽かきを行った楮は大きく育っていました。雪が降る中での作業でしたが、楮の枝を切る班、楮をまとめてひもで縛る班、切られた楮の中から使える物を探す班の3つに分かれて活動をしました。最後は、みんなで協力してかたくり館まで収穫した楮を運びました。この後、かたくり館で蒸していただいた後、皮をむく作業に入ります。今年収穫した楮で新しい和紙を作るのが楽しみです。