12月12日(火)、せんぼく校を会場に、地域の方5名を招いて、紙漉き交流会をしました。鎌足和紙の原料となる楮の皮剥ぎや紙漉き、製品作りなどを説明したり、体験してもらったりすることを通して、地域の方と楽しく交流をすることができました。地域の方が楽しんで体験している様子を見たり、「上手だね」など、言葉を掛けていただいたりすることで、自分たちがこれまで取り組んできた作業に対して、更に自信をもつことができた有意義な時間となりました。今後は、もっと多くの人に体験していただける機会を作っていけたらと考えています。