12月12日(木)横浜ベイスターズ大和選手とAKB48チーム8布谷梨琉さんをお迎えし、せんぼく校体育館を会場として、本校高等部生、せんぼく校高等部生が合同で「2019フェアプレイスクール」を開催しました。  この、フェアプレイスクールは、スポーツのフェアプレイと同様に、「約束を守ろう」「感謝しよう」「全力を尽くそう」「挑戦しよう」「仲間を信じよう」「思いやりを持とう」「楽しもう」という ファエプレイ7箇条を日常生活や、学校生活でも守っていこうという気持ちを生徒らにも持ってもらおうという意図のもと全国の学校で実施されています。 生徒らは、有名選手と一緒にミニ野球体験、ボール送りゲームなどを通して、フェアプレイ7箇条の中の「挑戦しよう」「仲間を信じよう」「楽しもう」を実践したり、大和選手がプロ野球選手になるまでの講話を聞いたりしました。児童生徒会長の鈴木健祐さんは「せんぼく校のみんながフェアプレイ7箇条を知り、実践していくことで、よりよい学校になってくと思います。」と感想を述べました。