知的障害を中心に,肢体不自由や視覚障害、聴覚障害などの障害を併せ有する児童に対する教育を主として行う特別支援学校です。

せんぼく校について

  • HOME »
  • せんぼく校について

せんぼく校について

経営方針

  1. 目指す学校像
    瞳かがやき、笑顔あふれる学校
  2. 目指す児童生徒像
    一人一人の障害の状態や発達段階、特性等に応じた知識、技能及び態度を身に付け、積極的に社会参加、職業自立できる児童生徒を目指す。
    (1)じょうぶな子 健康で、安全な生活ができる児童生徒
    (2)すなおな子  明るく、仲良く、礼儀正しい児童生徒
    (3)がんばる子  進んで取り組み、最後までやりぬく児童生徒
  3. 特色ある教育活動(地域が教室〜伝統の継承と発展〜)
    (1)地域に根ざした学習活動、地域の人々との日常的な交流活動
    (2)地域における本物の体験を通したキャリア教育の充実
    (3)児童生徒の主体性を育む学校環境整備
  4. 今年度の重点事項
    (1)観光資源を活用した学習活動の充実
    ・特別支援教育実践研究充実事業を通じた教育課程の見直し
    ・地域を活用した学習活動のねらいについての地域の方々との共通理解
    (2)計画的な学習活動による施設設備の整備
    ・児童生徒の発想を取り入れた青空ひろばの活用と整備
    ・キャリア教育を意識した施設設備の計画的な整備活動
    (3)中学校・高等学校との交流および共同学習の充実
    ・角館高等学校定時制課程との生徒交流
    ・各種学校行事等を通した中学校・高等学校との交流学習
  5. 経営評価の視点
    (1)観光資源を有効に活用した学習が展開できたか。
    (2)施設設備の整備を通した計画的な学習活動が展開できたか。
    (3)中学校・高等学校との交流活動の拡充が図れたか。

 

校 歌


クリックで校歌が流れます。

大曲養護学校の校舎がある大曲西根秋山台に立つと、その自然環境のすばらしさに感動すら覚える。恵まれた大自然の中ですこやかに、たくましく育つ子どもたちをイメージして作詞した。
作曲の高橋武三先生(前大曲市教育長)にはご無理なお願いをしたが、作詞の意図を十分にくみ取って下さりすばらしい曲をつけていただいた。
どこまでも明るくさわやかに、そして力強い響きは作詞のつたなさを補ってあまりあり、立派な校歌となった。
(初代 大曲養護学校校長 京屋陽一氏)

沿 革

平成25年度 4.1 秋田県立大曲養護学校せんぼく分教室 開設
4.17 秋田県立大曲支援学校せんぼく分教室開設 開設式
全児童生徒数16名(小学部8名、中学部8名)
平成26年度 11.2 仙北市花のある町コンクール最優秀賞受賞
平成27年度 1.22 分教室冬まつり(分教室感謝の会)開催
平成28年度 4.1 秋田県立大曲支援学校せんぼく校 開校
4.8 入学式 入学児童生徒数15名
(小学部1名、中学部4名、高等部10名)
4.28 秋田県立大曲支援学校せんぼく校 開校式、開校記念式典

各学部

小学部

目指す児童像
(1)丈夫な体をつくり、安心して生活する児童
(2)友達と仲良く、学習や集団活動をする児童
(3)目標に向かって、精一杯取り組む児童
【訪問教育】
(1)生活リズムを整え、健康で過ごす児童
(2)人との関わりを通じて、豊かな感情表現をする児童

今年度の重点事項
(1)体力づくりと基本的生活習慣確立のための指導の充実
・桧木内川堤のランニング(わくらんチャレンジ:年6回)と古城山登山(年2回)を行う。
また、小学部独自のわくらんチャレンジを設定し、ランニングを中心とした体力づくりを行う。
・週4日の業間運動では、リズム運動とリトミック体操、ランニングを継続的に実施する。
・基本的生活習慣の確立においては、着替え、食事、排泄、身の回りの整理整頓など、児童一人一人の課題解決に向けて、スモールステップで継続的に指導にあたりながら定着を図る。
・健康で安心して生活できるよう、家庭との連携を密にし、児童一人一人の健康状態を把握する。
(2)友達や周りの人たちと一緒に活動できる力の育成
・好きなことや興味のあるものをみつけ、友達や先生と楽しさを共有する。
・人と関わる力を育むために、友達と一緒に取り組む活動、学部の枠を越えた活動、全校たてわり活動等を通して、たくさんの人と関わり合う経験を広げる。
・様々な体験活動を通して、地域の方々と触れ合う機会をもち、経験の拡大を図る。
(3)地域や学校との交流活動の充実
・地域に触れる楽しさを味わうために、積極的に校外へ出かけ、地域資源を活用した学習や交流活動を展開する。
・交流および共同学習の充実を図るため、職員間での連携を密にしながら学校間交流や居住地校交流を定期的、継続的にすすめる。
【訪問教育】
保護者との情報交換を密に行い、健康状態を把握するとともに、医療や福祉関係と連携し健康の保持増進や福祉サービスに関する情報を共有する。
・興味や関心を広げ人との関わりを楽しめるように、学習内容を吟味し、同行訪問やスクーリングを実施する。

中学部

目指す生徒像
(1)体力づくりを実践し、明るく元気に生活する生徒
(2)自分のよさを発揮し、友達と協力し合う生徒
(3)目標をもち、粘り強く取り組む生徒

今年度の重点事項
(1)体力づくりと基本的生活習慣定着のための指導の充実
・週4日の業間運動では、運動量を確保するために生徒個々の目標運動量を提示する。
(ランニングとサーキット運動ほか)
・桧木内川堤のランニング(わくらんチャレンジ:年6回)と古城山登山(年2回)を行う。
・基本的生活習慣の定着のために、保健や生活単元学習での集団指導と生徒個々への個別指導を行う。毎月の学部会での定着状況の確認と指導法の情報交換をする。
(清潔感のある身だしなみ、ほか)
(2)一人一人が役割をもち協力し合う学級(学部)集団づくり
・教え合い、関わり合う態度やリーダーを育てるために、単元や題材においては、一定期間グループメンバーを固定し、リーダーを中心として学習を進める。
・生徒個々の相手に伝える力を伸ばすために、発表場面を設定し、生徒の実態や課題に応じた発表の仕方を指導する。
・生徒の活動への意欲を引き出すために、生徒の意見を取り入れた学習活動を展開する。
(3)地域資源を活用した学習や交流活動の充実
・鎌足和紙班ではこうぞ畑の除草の協力、作業製品展示などをかたくり館と連携した学習を進める。
・桜の施肥活動や伝統行事紙風船上げなどの地域の行事等を通して、市内中学校との交流及び共同学習を行う。
・ふれあいたいむでは伝統芸能や伝統工芸にふれ、地域の良さを知る機会とする。

高等部

目指す生徒像
(1)心身共に健康で、清潔感のある生徒
(2)地域の一員として互いに協力し、気持ちよく活動する生徒
(3)自分のよさを存分に発揮し、最後までやり抜く生徒
【訪問教育】
(1)生活リズムを整え、健康で過ごす生徒
(2)人との関わりを通じて、豊かな感情表現をする生徒

今年度の重点事項
(1)体力づくりと、衛生面の指導の充実
・業間運動での10分間走を継続的に実施する。
・桧木内川堤のランニング(わくらんチャレンジ:年4回)と古城山登山(年2回)を行う。
・清潔な身なりや、好感のもてる身だしなみの定着を図るために、具体的な方法や内容について学部間で
共通理解をし、生徒個々に学校生活全般を通じて指導する。

(2)学校設定教科「観光」を中心にした地域の役に立つ活動の展開
仙北市の観光に関心をもち、自らが住む地域の理解を深めるために、地域の活性化に貢献する体験的な活動を行う。
・学習の積み重ねが図られるよう、実践の評価や関係者からの評価、報告会を定期的に行う。
・地域の関係機関や専門家の協力を得ながら内容の充実を図る。
(3)地域と連携した学習活動の拡充と職業教育の充実
・各作業学習班で事業所や地域の協力者と連携し、新たな作業学習製品の開発や、栽培した野菜の活用(6次産業化)、校外作業を進める。
・角館高校定時制と行事等を通した交流やお互いの学校紹介などを行い、さらに交流を深める。
・ふれあい・たいむや外部講師を活用した学習では、伝統芸能や地域の特産、本物にふれる機会を設定する。
・一人一人の進路に応じた実習(営農実習、定期・長期実習、個別実習)を計画し、担任、進路担当が保護者と連絡を密にしながら進路指導を行う。
【訪問教育】
(1)保護者との情報交換を密に行い、健康状態を把握するとともに、医療や福祉関係と連携し健康の保持増進や福祉サービスに関する情報を共有する。
(2)興味や関心を広げ人の関わりを楽しめるように、学習内容を吟味し、同行訪問やスクーリングを実施する。

PAGETOP
Copyright © 秋田県立大曲支援学校せんぼく校 All Rights Reserved.