知的障害を中心に,肢体不自由や視覚障害、聴覚障害などの障害を併せ有する児童生徒に対する教育を主として行う特別支援学校です。

せんぼく校について

  • HOME »
  • せんぼく校について

せんぼく校について

経営方針

  1. 目指す学校像
    瞳かがやき、笑顔あふれる学校
  2. 目指す児童生徒像
    一人一人の障害の状態や発達段階、特性等に応じた知識、技能及び態度を身に付け、積極的に社会参加、職業自立できる児童生徒を目指す。
    (1)じょうぶな子 健康で、安全な生活ができる児童生徒
    (2)すなおな子  明るく、仲良く、礼儀正しい児童生徒
    (3)がんばる子  進んで取り組み、最後までやりぬく児童生徒
  3. 特色ある教育活動(地域が教室〜伝統の継承と発展〜)
    (1)地域に根ざした学習活動、地域の人々との日常的な交流活動
    (2)体験的・実践的活動を通したキャリア教育の充実
    (3)児童生徒の主体性を育む学校環境整備
  4. 今年度の重点事項
    (1)児童生徒が「自ら考え、実践する力」を育むための学習活動の充実
    ・他者との関わりの中で、児童生徒が自らの考えを深める学習過程を重視した授業づくり
    ・児童生徒が互いの考えを認め合い、協力し合う学習集団づくり
    ・児童生徒が自らの身を守る力を高める安全指導
    (2)卒業後の社会生活に結び付く、小学部からの一貫したキャリア教育の実践
    ・基礎体力の維持向上に向けた、継続的な運動習慣づくりと食の指導
    ・地域の特色を生かした作業学習の継続・発展のための改善
    (3)地域に根ざした教育活動の継続・充実のための改善
    ・地域における学習活動の改善に生かす、地域住民等による外部評価の実施
    ・保護者や地域住民との協働による教育活動の充実
    (4)特別支援教育にかかる地域の中核としてのセンター的機能の充実
    ・地域の特別支援学校としての理解を広げるための、学校公開や作業学習体験の実施
    ・障害理解学習等の実施による、小・中学校との交流及び共同学習の充実
  5. 経営評価の視点
    (1)児童生徒が、人とのかかわりを通して考え、進んで実践しようとする学習活動が展開できたか                                       (2)基本的生活習慣の定着に結び付く、小学部から高等部まで一貫した指導が行われたか
    (3)地域との協働体制が明らかになり、教育活動の改善に外部評価が生かされたか                                              (4)地域の特別支援学校として、教育内容や学校の取組が、地域に広く周知されたか

校 歌

クリックで校歌が流れます。

大曲養護学校の校舎がある大曲西根秋山台に立つと、その自然環境のすばらしさに感動すら覚える。恵まれた大自然の中ですこやかに、たくましく育つ子どもたちをイメージして作詞した。作曲の高橋武三先生(前大曲市教育長)にはご無理なお願いをしたが、作詞の意図を十分にくみ取って下さりすばらしい曲をつけていただいた。
どこまでも明るくさわやかに、そして力強い響きは作詞のつたなさを補ってあまりあり、立派な校歌となった。
(初代 大曲養護学校校長 京屋陽一氏)

沿 革

平成25年度 4.1 秋田県立大曲養護学校せんぼく分教室 開設
4.17 秋田県立大曲支援学校せんぼく分教室開設 開設式
全児童生徒数16名(小学部8名、中学部8名)
平成26年度 11.2 仙北市花のある町コンクール最優秀賞受賞
平成27年度 1.22 分教室冬まつり(分教室感謝の会)開催
平成28年度 4.1 秋田県立大曲支援学校せんぼく校 開校
4.8 入学式 入学児童生徒数15名
(小学部1名、中学部4名、高等部10名)
4.28 秋田県立大曲支援学校せんぼく校 開校式、開校記念式典

各学部

小学部

目指す児童像
(1)健康で、明るく元気に生活する児童
(2)友達と仲良く、集団で活動できる児童
(3)自分のできることを増やし、最後まで取り組む児童

今年度の重点事項
(1)「伝える」「伝わる」喜びを重ね、進んで活動できる授業づくり
・教師が児童同士の話を言い換え、つなぎながら、児童が自分の考えが引き出せる働き掛けをする。
・児童の実態に合わせて、言葉、カード、サイン、タブレット端末などを活用し、児童の聞いて、見て理解する力を育てる。
・校内から地域へと会話の対象を広げられるよう、教師との日常的な会話の中で語彙を増やし、児童同士の会話ややりとりが活発になる活動を設定する。
(2)地域資源の活用による経験の拡大
・カレンダー制作や畑の活動などの地域の協力者から、活動内容について前期と後期の年2回程度評価をいただき、内容を改善しながら、活動を進める。
・近隣施設への行事の案内状やポスター配付など、宣伝活動をしながら、日常的に近隣町民と交流する機会を設定する。
・体力づくりを目的とする毎月1回程度の校外での業間運動と、周辺地域の清掃活動を設定する。
(3)互いに理解し合える交流活動の推進
・事前に昨年度の反省や児童の実態などの情報交換を行い、活動内容を検討しながら、市内3小学校との交流及び共同学習を年2回ずつ行う。
・居住地校や保護者と連絡を取り合いながら、児童一人につき年2回程度、居住地校交流を行う。
・担当者間での事前の打ち合わせなど、相手校の協力を得ながら、障害理解を含む事前学習を行う。

中学部

目指す生徒像
(1)体力づくりを実践し、明るく元気に生活する生徒
(2)自分のよさを発揮し、友達と協力し合う生徒
(3)目標をもち、粘り強く取り組む生徒

今年度の重点事項
(1)健康的な生活を送るために必要な体力つくりと必要な生活習慣を身に付ける指導の工夫
年間計画に基づいた継続的な業間運動を実施するとともに、目標を設定し、記録を活用するなどモチベーションを上げ、レベルアップにつながる工夫をする。
・小→中→高の生活年齢やキャリア教育の段階を踏まえた指導内容の整理を進めるとともに、学部で共通した指導を確実に行える場面設定や方法を具体化する。
(栄養や健康管理の内容を取り入れた保健指導)
(学部集会の活用、学級活動での指導)
(日常生活の指導の時間の増設)
(保護者との情報共有や連携の具体的な取組の実施)
(2)地域の特性と地域資源を生かした活動や中学校との交流の継続と充実
・「地域を知る→伝える」をテーマとする総合的な学習の時間と生活単元学習(「茶房さくらや」「せんぼく校祭発表」等)、ふれあい・たいむ(地域の文化に触れる)の活動を関連付けて展開する中で、それぞれのよさを生かして自信をもって活動する、協力し合って取り組む、経験を生かして考えて実践するなどの経験を積む。
・角館中学校との施肥活動、神代中学校とのボッチャ交流、桧木内中学校との紙風船上げを通じた学校間交流と希望する生徒が実施する居住地校交流の中で、生徒が互いの個性を認め合って関われるように、ねらい確認、事前の打合せ、障害理解授業の実施を計画的に進める。

(3)地域資源を活用した作業学習(鎌足和紙班)の継続と改善
作業工程や用具、環境設定を見直すとともに、かたくり館との連携を強化し、品質の向上を図ることで、良い製品を作っているという自信や地域の伝統産業を担う気持ちを高める。
・年間の販売計画を立て、数や品質基準を明確にして、目標を目指して責任をもって取り組んだり、目標達成のためにどうすればよいかを考え、実践しようとする態度を養う。

高等部

目指す生徒像
(1)健康で安全な生活を送るために必要な体力と、生活習慣が身に付いている生徒
(2)様々な人と良好にかかわり、地域のために貢献しようとする生徒
(3)自分のもつ力やよさを存分に発揮し、最後までやりぬく生徒

今年度の重点事項
(1)運動、食事、身だしなみをキーワードとした、より良い生活習慣づくりの推進
・年間を通して業間運動の時間の確保を徹底し、多様な運動に取り組む。(ランニング、ストレッチ、筋力トレーニングなど)
・身だしなみや食事の指導について重点事項を設定して指導に当たるとともに、学部集会等を活用しながら、生徒達自身が相互にチェックしたり、意識の向上を図ったりできるようにする
(2)地域の方々と協働し、地域に貢献する学習活動の拡充
・校内外で多様な人とかかわりをもち、場や活動の流れに応じて、双方向のコミュニケーションがとれる力の伸長を図る
・学校設定教科「観光」の学習内容について一部見直しや精選をし、観光地仙北市の特色をより生かした学習活動となることを目指す。
せんぼく太鼓の新曲を作曲するとともに、太鼓演奏の楽しさを体感できるような練習を展開しながら、地域での生徒達の演奏や活躍の幅を広げる。
(3)地元高等学校との交流や地域と連携した職業教育の一層の充実
・角館高校定時制との交流については生徒間の相互理解を深める活動を継続し、その充実を図るとともに、合同での進路学習の機会を設定し、将来の生活に必要な学びを共有できるようにする。
仙北市が企画する「ユニバーサルデザインまちづくり」に係るプロジェクト(仮称)の活動に角館高校全日制の生徒と協働で参画しながら、両校の交流を深める基盤を整える
・生徒の実態や長所に即した適材適所の作業分担や環境設定に努めるとともに、地域の専門家の助言や評価を基に、作業学習製品等の一層の品質向上を目指す。

PAGETOP
Copyright © 秋田県立大曲支援学校せんぼく校 All Rights Reserved.